• 測り、分析する。

    cutting-edge applications of terrestrial laser scanning and sfm-mvs photogrammetry for various kinds of landforms.

    about
  • 素材と道具

    analysis of high-definition topographic data using geospatial technologies – GIS spatial analysis tools and applications.

    tools
  • 研究課題

    various projects using high-definition topography data.

    projects

2019/02/28

開催告知:第10回GIS-Landslide研究集会および第6回高精細地形情報シンポジウム

詳細はこちらへ。
ぜひお越しください。

2019/02/23

「海山に暮らした家族の記憶のカケラ」展とギャラリートークの様子。浅間縄文ミュージアム

浅間縄文ミュージアム特別展「海山に暮らした家族の記憶のカケラ」での、ギャラリートークが2019年2月23日(土)に開催されました。

当日の様子を写真でご紹介いたします。




館の入口

雪がありません。。


展示室入口






遺物はもちろん、イラストレーション、映像投影、布、モビールなど、
さまざまなアーチスチックな展示にまざって・・・





ダンボール立体モデルやドローン空撮パノラマ画像など、
我々の研究成果関連の展示もたくさん並べていただきました。




 
おや、これは・・・

ドローン(UAV)が吊るされていました。





ギャラリートークは盛況!
多くの方にご来場いただきました。




このような素晴らしい機会をくださったコーディネータの安芸さん、浅間縄文ミュージアム館長・堤さんをはじめ、ご協力いただいた皆様方、またご来場いただいた方々に、改めて感謝申し上げます。

展示は3/3まで続いております。
お近くにお越しの際はぜひともお立ち寄りください。




2019/02/18

開催告知:「海山に暮らした家族の記憶のカケラ」展 浅間縄文ミュージアム

長野県御代田市の浅間縄文ミュージアムにて開かれている特別企画展示に、当プロジェクトの早川が参画しています。
さまざまなアーティストとのコラボレーションで、異色のインスタレーションが展開されています。
2/23(土)には、ゆるゆるギャラリートークも開かれます。
企画展は入場無料ですのでぜひお立ち寄りください!



企画展

海山に暮らした家族の記憶のカケラ
縄文インスタレーションの世界

■ 参加者    
安芸早穂子(復元イメージ画) 
早川裕弌(北海道大学准教授)
山岡信貴(映画監督)
gwai(テキスタルアート職人)
川田強(南相馬市教育委員会)
川端典子(朝日町まいぶん館)
堤  隆(浅間縄文ミュージアム)

■ 協力
南相馬市教育委員会
是川縄文館
御所野博物館   

■ ギャラリートーク 
2月23日(土) 10:30~12:00 

■ 場 所 
浅間縄文ミュージアム企画展示室 

■ 期 間 2019年2月16日(土) ~ 3月3日(日) 

■ 休館日 月曜日

■ 観 覧 無料 【常設展は有料となります】

■ お問合わせ 博物館 0267-32-8922

http://w2.avis.ne.jp/~jomon/plan/content.html



展示のようす 

(撮影:安芸早穂子)

2019/02/17

開催告知:ドローンが活躍!?夢はアユが楽しめる川!愛知川最新研究をさわってみよう!! 西堀榮三郎記念探検の殿堂

滋賀県東近江市の西堀榮三郎記念探検の殿堂にて特別展示を開催いたします。
本プロジェクトRA・小倉の研究の一環です。UAVによる測量の概要や研究内容の発信はもちろん、3Dプリンタを利用した地形印刷モデルの展示・アユ釣り体験・河床砂利の体験など、ハンズオンコーナーも充実しています。

ドローンや3Dプリンタ、愛知川のアユに興味のある小学生・中学生の皆さん!大人の皆さん!
皆様のお越しをお待ちしております。

ドローンが活躍!?夢はアユが楽しめる川!

愛知川最新研究をさわってみよう!!


場所       :西堀榮三郎記念探検の殿堂
開催期間     :2019年2月22日(金)~3月24日(日)
開館時間     :9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日      :月曜日・祝日の翌日及び振り替え休日の翌日
入館料      :大人(高校生以上)300円,小人(小、中学生)150円
          ※各種割引があります。詳しくは探検の殿堂ホームページをご覧ください。
主催       :西堀榮三郎記念探検の殿堂
          地形鮮明化プロジェクト
          GIS実習用オープン教材の開発プロジェクト
企画・協力    :滋賀県琵琶湖環境科学研究センター東京大学空間情報科学研究センター北海道大学
企画原案     :水野敏明小倉拓郎淺野悟史
ハンズオンコーナー:淺野悟史小倉拓郎早川裕弌山内啓之

探検の殿堂(非)公式ブログ
http://tanken.shiga-saku.net/

※本展示は東京大学CSIS 共同研究利用システム JoRAS「高頻度・高精細地形情報を用いた河床における地形変化解析方法および地域住民への空間情報発信方法についての研究」の一環として行われます。

※関連発表
小倉拓郎・淺野悟史・水野敏明・東 善広・北井 剛・早川裕弌 2018.ダム下流域における大規模河床耕耘後の砂礫堆変動に関する地形モニタリング.CSIS DAYS 2018.



※2019年2月23日追記

研究者とふれあおう!ギャラリートーク


開催期間中、以下の日時で出展者が直接展示の説明を行います。

日程 :3月9日(土)・10日(日)
時間 :10:00~16:00
案内人:淺野悟史(滋賀県琵琶湖環境科学研究センター)
    小倉拓郎(東京大学新領域創成科学研究科・地形鮮明化プロジェクト)

当日は、展示の詳細だけでなく、愛知川の状況、ドローンの利用方法、アユの上手な釣り方、などなど…わかりやすく解説します。

「ドローンっていくらくらいするの?簡単に使えるの?」「愛知川で川遊びができるスポットはどこ?」「愛知川にはどんな魚がいるの?」など、質問ももちろん受け付けています!ぜひお越しください。追加の展示品も見られるかも!?

探検の殿堂公式ホームページもチェック!!