• 測り、分析する。

    cutting-edge applications of terrestrial laser scanning and sfm-mvs photogrammetry for various kinds of landforms.

    about
  • 素材と道具

    analysis of high-definition topographic data using geospatial technologies – GIS spatial analysis tools and applications.

    tools
  • 研究課題

    various projects using high-definition topography data.

    projects

2018/11/28

EGU 2019 session "NH6.4/G6.5/GI3.22/GM2.14 Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) and geosciences: innovation in methodologies, sensors and activities" / 欧州地球科学連合2019セッション「無人航空機と地球科学」発表募集

our RPAS session (PICO style) in EGU2018

恒例のEGU(欧州地球科学連合)での無人航空機セッションですが、従来の「自然災害」へのフォーカスから、2019年はより広い範囲へと対象を拡大します。前年はPICOセッションでしたが、多くの方が観覧され、席が足りないほどでした。2019年は通常の口頭&ポスターセッションになります。欧州に限らず、日本を含む東アジアにお住まいの、またその他の地域の皆様からも、多くの発表をお待ちしております。


Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) and geosciences: innovation in methodologies, sensors and activities (co-organized) 

Session NH6.4/G6.5/GI3.22/GM2.14 at EGU 2019 (Wien, 7-12 April 2019)

A full description of the session can be found at: https://meetingorganizer.copernicus.org/EGU2019/session/32576

Deadline for submission of Abstracts: 10 January 2019 at 13:00 CET

For info on how to submit an Abstract: https://egu2019.eu/abstracts_and_programme/how_to_submit_an_abstract.html 

We hope to see you in Vienna!

Daniele Giordan, Marc Adams, Yuichi Hayakawa, Francesco Nex, Fabio Remondino




2018/11/25

NHESS特集号「自然災害のモニタリングと防災のための無人航空機(ドローン)の活用」完成

▶︎ Call for papers は 【こちら

EGU(欧州地球科学連合)の発行する学術誌NHESS(Nat. Hazards Earth Syst. Sci.)において進められていた,無人航空機(ドローン)と災害に関する特集号の編集が完了しました。イタリア,オランダ,日本からの研究者が共同して組んだ特集号です。

"The use of remotely piloted aircraft systems (RPAS) in monitoring applications and management of natural hazards"
Editor(s): D. Giordan, Y. S. Hayakawa, F. Nex, and P. Tarolli
【 https://www.nat-hazards-earth-syst-sci.net/special_issue859.html 】

UAV,UAS,RPA,RPAS,Drone などと呼称はさまざまですが,無人航空機はもはや「一家に一台」から「ひとり一台」というほどに,地球科学の分野でも普及してきました。
なかでも特に自然災害に関しては,小型無人航空機がさまざまな場面で有益なツールとなります。

本特集号には,小規模な崩壊から大規模崩壊までの斜面災害を軸に,地震,洪水,また災害時の緊急警報や救助活動への活用といったさまざまなトピックの論文が,16本も集まりました。本特集号からは,無人航空機と自然災害にかかる最新の知見を得ることができます。特集号の詳細については下記Preface をご参照ください。

Preface: The use of remotely piloted aircraft systems (RPAS) in monitoring applications and management of natural hazards Daniele Giordan, Yuichi S. Hayakawa, Francesco Nex, and Paolo Tarolli Nat. Hazards Earth Syst. Sci., 18, 3085-3087, https://doi.org/10.5194/nhess-18-3085-2018, 2018

また,特集号に掲載された論文のうちいくつかを,下記,地形学・地理学研究グループで紹介しています。あわせてご覧ください。

新着論文:自然災害にかかわる無人航空機利活用の総説論文
https://oguchaylab.blogspot.com/2018/04/nhess.html
新着論文:トルコ中部、エルジエス火山の山体崩壊
https://oguchaylab.blogspot.com/2018/02/hayakawaetalerciyesnhess.html
機材の進化とともに,こうしたトピックは発展性が高く,今後もますます多くの論文が発表されてくることと思います。

2018/11/09

新着論文:雪崩災害調査とUAV-SfM

雪崩災害とUAV,SfMに関する論文が出版されました。
本文も下記URLからPDFでご覧いただけます。

内山 庄一郎・鈴木 比奈子・上石 勲・中村 一樹 (2018) 雪崩災害調査へのUAV-SFMの適用: 2017年那須町雪崩災害の事例. 自然災害科学, 37, 119-135.
https://www.jsnds.org/ssk/ssk_37_s.html


新着論文:サーモカルストのUAV調査

シベリアでドローン飛ばして,サーモカルストを計測した論文が出版されました。
オープンアクセスジャーナルで,全文を以下URLからご覧いただけます。

Saito, H., Iijima, Y., Basharin, N.I., Fedorov, A.N., Kunitsky, V.V. (2018) Thermokarst development detected from high-definition topographic data in central Yakutia. Remote Sensing 10, 1579. https://doi.org/10.3390/rs10101579

(source: Saito et al. 2018 Fig. 2)