• 測り、分析する。

    cutting-edge applications of terrestrial laser scanning and sfm-mvs photogrammetry for various kinds of landforms.

    about
  • 素材と道具

    analysis of high-definition topographic data using geospatial technologies – GIS spatial analysis tools and applications.

    tools
  • 研究課題

    various projects using high-definition topography data.

    projects

2018/08/27

ひらめき☆ときめきサイエンス「ダンボールで島と滝をつみあげよう!~さわってわかる高精細3D情報~」開催報告

夏の厳しい暑さが少しやわらいだ8月下旬,「ひらめき☆ときめきサイエンス」のプログラムとして,ダンボールを使った3次元高精細地形情報の工作ワークショップを実施しました。


「高精細地形情報」というのは,最近流行のドローン(小型無人航空機:UASもしくはUAV)や,レーザ測量などの手法により得られる,これまでにない細密さをもつ3次元データです。本プロジェクトでは,地球科学や自然地理学の関連分野で,その先進的な手法を用いた現地計測,およびデータ解析から成果表現までを,一連の流れとして研究しています。本ワークショップにおいても,データの現地計測の場面紹介から,調査機器を見て触る機会も設けつつ,実際に小型のドローンを室内で飛行させるといった経験もしてもらい,その上で,異なる時期に得られた3次元データの特徴を生かして,海岸侵食が急速に進行している雀島(千葉県いすみ市)の計測に基づく2時期のモデルをダンボールで作成することにしました。

午前にはまず,研究目的や手法とその結果などについての解説を行い,続けて調査機材(レーザスキャナや小型〜大型のドローン,さらに印刷中の3Dプリンタ)の見学やタッチ&トライで,データ取得の流れを体験してもらいました。さらに昼休みにはトイドローン(小型軽量で衝突しても安全なドローン)を受講生に実際に操縦してもらいました。こうして徐々に受講生のヴォルテージが上がってきました。

座学が始まります。
机の上に積まれたダンボールが,この後どうなるのでしょうか・・・?

測量機材や3Dプリントされたものの説明を受け,触ってみます。

昼休み,トイドローンをひとりひとり操縦してみます。

午後,いよいよダンボールを用いた工作の開始です。まずは3Dモデルのスライス画像がプリントされた紙を,ダンボールにスプレーのりで貼り付けていきました。そして長い道のりだったのが,紙上のスライス画像に沿って,ダンボールごと切り抜いていく作業です。受講生は各種のカッターやハサミを駆使してダンボールの切り抜きに挑みましたが,なかなか苦心していた様子でした。


ダンボール切り抜きに真剣に取り組む受講生。

みんなで作業。

しかし,徐々に終盤に近づき切り抜かれたパーツが揃ってきて,仮組みで重ね合わせて積み上げの完成予想を行うと,ゴールが見えて一気に気力を取り戻した雰囲気になりました。最後に,切り抜いたパーツの裏面にひとつひとつスプレーのりをふきかけ,丁寧に位置を合わせて重ねていくと,島の巨大なダンボールモデルが二つ完成しました。


少しずつパーツが出来上がってきました。

 パーツを順に並べてみます。

仮組みしてみます。でかい!

パーツごとにスプレーのりを吹きかけます。

ダンボールモデル完成!
左は2016年,右は2014年の計測データに基づくもので,違いを見て触って確かめます。

この二つは,2年の間隔をあけて計測されたデータに基づくものであり,波による侵食や落石等によって形の変わった二つのモデルを見て,触って,どこがどう変化したか,またそれはなぜか,といったことを議論しました。最後に一人ずつ修了証を配布し,完成したダンボールモデルとともに集合写真を撮影して,本ワークショップは無事に終了しました。
集合写真。作成した雀島のダンボールつみあげモデル(“しまつみ”)とともに。

今後も同様なワークショップを,継続的に開催していきたく思います。ちなみに今回,日光・華厳滝のダンボールモデルについては,自宅学習用にキットとして持ち帰ってもらいました。こうした制作キットも今後各種作成し,配布することも計画しています。

お持ち帰りとした制作キット(華厳滝のダンボールモデル“たきつみ”A5版)の完成品。

もし,本ワークショップに関してご質問,ご要望等がありましたら,topography <アットマーク> csis.u-tokyo.ac.jpまでお問い合わせください。


2018/08/14

JGU夏の学校2018 in 北海道「UAS(ドローン)地形計測のさらなる進化」 開催報告

日本地形学連合「JGU夏の学校2018」が、2018年7月29日(日)、北海道大学大学院農学院で開催されました。


以下には当日の様子を、写真を中心にお伝えします。

当日のプログラム。
午前に座学、午後に実習といった構成です。


参加者はどこから?(背景:地理院地図)
北海道開催なものの、意外と本州からの参加者も多かったです。

外は晴れ。北海道としては暑い日々が続いています。


しめやかに始まりました。

参加者全員、自己紹介。

午前の座学。UASの基礎と活用事例(小花和先生)。

午前の座学。低価格高精度GNSSの紹介と実践(内山先生)。

午前の座学。活用事例、UAS-Lidarの例を中心に(笠井先生)。

熱心な質疑応答。

白熱する質疑応答。

溢れ出したポスター。

低価格高精度GNSSでは、身長も測れます。

以下は事後アンケートより、ご感想・ご意見の抜粋・集約です。


  • ReachとRTKLIBを使ったGCP座標出力などの話と実習では、調査・解析の手順を知ることができ、今後の研究計画を立てる上で大変役に立った。講義が非常に濃密で資料も持ち帰ってさらに知識を深めるのにも有効で大変参考になった。質疑を含め、有意義だった。
  • Cloudcompareは知らなかったが、今後使ってみようと思う。点群データに関する講義の続きを聴きたい。2時期の点群のレジストレーションの紹介に関心を持ったが、限られた時間で、もう少し焦点を絞ってもらったほうが良かったかもしれない。
  • PhotoScanに関する内容がもう少し欲しかった。
  • 欲を言えば、さらにあと1〜2日間くらいの日程が欲しかった。
  • 今後も北海道での開催があれば嬉しい。今回の参加者は本州からの人々が多く、北海道が少ない、つまりあまり北海道の人が知らないかという気がする。今後の情報共有の工夫を。
  • 自己で挑戦すると大変なトピックを、わかりやすく実習を含む形で非常にためになった。実際に機材を使ってデータ収集をすることも含めれば、より作業工程(計画、計測、処理、解析)を実感できて良いだろう。
  • 何を知りたいかが根幹にあり、その基盤となる技術は何かをしっかり考えられている方々が行っているからこそ、興味が湧きかつ説得力のある講習会になっていると感じた。