2021/10/12

開催告知:JGU秋の学校2021「ドローン計測ステップアップ!〜今すぐ飛ばしたくなるRTKドローン〜」

日本地形学連合(JGU)恒例のワークショップを「秋の学校」として今年も開催します。
地形鮮明化プロジェクトも2015、2018年の開催に引き続き、本イベントを主催いたします。



[ PDF ]

ドローン計測ステップアップ!
〜今すぐ飛ばしたくなるRTKドローン〜

小型無人航空機ドローン(UAV、UAS)を用いたSfM多視点ステレオ写真測量やレーザ測量は、RTK-GNSSによる機体位置の高精度化などにより、地表変動後の状況把握や変化箇所抽出に応用され、地形学などの関連分野でもより有効なツールとなってきました。本講習会では、ドローンで地形計測したことのある人を対象に、機体位置のRTK補正が可能なドローン(DJI Phantom 4 RTK)やSfM解析ソフトウェア(Agisoft Metashape)の設定を改めて見直し、精度よく、効率よく測るための運用に関する知識を共有します。RTK-UAVの基準局座標はどう取る?GCPはどうすれば良い?そもそもRTKって何?本当に必要?それでも起こるドーミングを抑えるには?こうした疑問に答えを見つけていきましょう。


日程
2021年12月3日[金]
※続く12月4、5日にはJGU秋季大会2021がオンラインで開催されます。

会場
オンライン・リアルタイム配信
(映像配信地:防災科学技術研究所ほか)


話題提供者
内山庄一郎
小倉拓郎
小花和宏之
齋藤 仁
早川裕弌


プログラム(予定)※内容は変更となる場合があります

第1部(午前)座学
・RTK-GNSSの原理と実際
・GCPの有無と作業時間
・斜め撮影&Metashape設定でdoming低減
・繰返し測量の位置合わせ最適化
・迅速なオルソ画像の取得
第2部(午後)実演
・RTK-UAV(P4R)のセットアップ
・ローカル基準局(D-RTK2)の設置
・ローカル基準局・仮想基準局での運用
・GCPを用いた検証
・オルソ画像生成の迅速化
・安全な飛行・運用に向けて


申込み
Peatixからお申し込みください。JGU秋季大会2021との同時申込も可能です。
https://jgu2021.peatix.com/


定員
先着100名

会費


秋の学校のみ

秋の学校およびJGU秋季大会

JGU会員学生

1,000円

1,000円

JGU会員一般

2,000円

3,000円

非会員学生

2,000円

3,000円

非会員一般

3,000円

7,000円


主催・共催
日本地形学連合、地形鮮明化プロジェクト、防災科学技術研究所


連絡先
jgusum [at] gmail.com(JGU秋の学校事務局)



2021/08/30

国立民族学博物館「ユニバーサル・ミュージアム ― さわる!“触”の大博覧会」出展

 国立民族学博物館の企画展「ユニバーサル・ミュージアム ― さわる!“触”の大博覧会」(会期:2021.09.02-11.30)に、早川が関わった展示物が出展されます。

https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/16854


「貝塚の樹」という展示の一角に、縄文海進時の浦尻貝塚遺跡景観を3D地形モデル(木工切削)で表現したものが置かれています。

展示物に「さわる」というのがこの特別展の一番の魅力です。ぜひ、バーチャルでは味わえないリアルな感触を、手にしていただければと思います。



「貝塚の樹」

掘り棒レプリカ・道具展示パネル制作 尾崎耕将(木工職人)

貝塚参考資料 川田強(南相馬市文化財課)

石斧で切ったクリの木提供 御所野縄文公園

石斧レプリカ まいぶんKAN

樹木選定 杉江薫(生け木作家)

洞窟絵画刺繍作品 gwai(服飾作家)

浦尻貝塚地形計測3Dモデル 早川裕弌(地球環境科学)石津勝・渡辺健多(空間デザイン)

制作支援:TIFO東芝国際交流財団

企画制作 : 安芸早穂子


(2021.10.10追記)
あらゆる展示に触って、入って、寝転んで、と可能性の拡がる展示が繰り広げられています!
もちろん我々の展示もばっちり触れます。






2021/07/05

発表募集中:GLP 2021 Asia Conference

 GLP (Global Land Progamme) 2021 Asia Conference が9月14-17日にオンラインで開かれます。

アブストラクト投稿期限が延長され、2021年7月21日までとなっております。

環境や陸域、SDGs などに関わるさまざまなセッションがあるなか、我々のグループは以下のセッションを主に担当しております。

SS10: Outreach and Education of Geography, Hazards, and Disasters

Keywords: 
outreach, education, physical and human geography, hazard mitigation, community

Organizers: 
Yuichi S. Hayakawa, Associate Professor, Hokkaido University, Japan
Takuro Ogura, Assistant Professor, University of Tsukuba, Japan

Session description:
Dissemination of geographical thinking is essential for people to understand the natural environment and to mitigate potential hazards. Mutual connection by outreach activities or education system is therefore required for academic researchers to share their knowledge and thinking with non-academic people. In this session, we accept studies related to the outreach and education of geography and land sciences for various people including small children, primary to high school students, university-level students, and general to elder people. Practical reports on communication activities of citizen science or civic tech are also welcome. We will further discuss potential applications of the proposed approaches for better understandings of land sciences by many people having different backgrounds.


みなさまのご参加をお待ちしております!

Abstract submission: https://www.glpasiaconference.com/?page_id=32




2021/06/30

開催告知:ひらめき☆ときめきサイエンス2021「ダンボールで島と滝をつみあげよう!~さわってわかる高精細3D情報~」

ここのところ毎年開催している、小学校高学年向けのワークショップを、今年度も開催いたします。冬休み中の12/26を予定しています。なお、新型コロナウイルスの感染症の拡大状況によっては、今後日程や内容が変更される可能性がありますこと、ご承知おきください。


2021/06/02

日本地球惑星科学連合2021年大会 地形鮮明化プロジェクト 発表リスト

2021年5月30日(日)~6月6日(日)に、日本地球惑星科学連合(JpGU)2021年大会がオンラインで開催されます。地形鮮明化プロジェクト関連発表をまとめました。それぞれの発表タイトルから予稿をご覧いただけます(要ログイン)。

また、地形鮮明化プロジェクトでは、6月4日(金)PM1(口頭), PM3(ポスター)に開催されるセッションH-TT30 "GEOMORPHOLOGICAL APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE"を主催しております(EGUとのJoint Session)。今年度は"Geomorphology"のセッションとの合同開催となりました。


2021年6月4日(金) 14:30 〜 14:45


[HTT30-04] Changes in drainage basin characteristics following coseismic landslides by the 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake

*Lo Tennyson、Hayakawa Yuichi S.

[H-TT30] GEOMORPHOLOGICAL APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE

  • [E] 口頭発表
  •  
  • | セッション記号 H (地球人間圏科学)
  •  
  • | H-TT 計測技術・研究手法



2021年6月4日(金) 15:00 〜 15:15


[HTT30-06] Handicraft of 3D cardboard models derived from high-definition topographic data for enhancing geographic imagination

*早川 裕弌、小倉 拓郎

[H-TT30] GEOMORPHOLOGICAL APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE

  • [E] 口頭発表
  •  
  • | セッション記号 H (地球人間圏科学)
  •  
  • | H-TT 計測技術・研究手法
  • 2021年6月4日(金) 11:45 〜 12:00

[SVC28-05] 立山火山地獄谷における水準測量により明らかにした変動源

  • *堀田 耕平、楠本 成寿、高橋 秀徳、早川 裕弌

[S-VC28] 活動的⽕⼭

    • [J] 口頭発表
    •  
    • | セッション記号 S (固体地球科学)
    •  
    • | S-VC 火山学
    • 2021年6月4日(金) 14:45 〜 15:00

[HTT30-05] Enhancing understandings of geomorphological processes using multi-temporal 3D print models

    • *小倉 拓郎、淺野 悟史、山内 啓之、小林 亜美、武藤 恭子、角川 咲江、早川 裕弌

[H-TT30] GEOMORPHOLOGICAL APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE

      • [E] 口頭発表
      •  
      • | セッション記号 H (地球人間圏科学)
      •  
      • | H-TT 計測技術・研究手法



2021年6月4日(金) 14:00 〜 14:15


[HTT30-02] Rapid vegetation recovery at landslide scars detected by multitemporal high-definition data

*齋藤 仁、内山庄一郎、Teshirogi Koki

[H-TT30] GEOMORPHOLOGICAL APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE

  • [E] 口頭発表
  •  
  • | セッション記号 H (地球人間圏科学)
  •  
  • | H-TT 計測技術・研究手法


2021年6月5日(土) 16:15 〜 16:30


[HTT15-04] Spatiotemporal evaluation of weathering-induced depressions in sandstone blocks by terrestrial laser scanning

*早川 裕弌、青木 久

[H-TT15] Non-destructive techniques applied to stone cultural heritage

  • [E] 口頭発表
  •  
  • | セッション記号 H (地球人間圏科学)
  •  
  • | H-TT 計測技術・研究手法


2021/06/01

ウェブサイトリニューアル!

本プロジェクトのウェブサイトを、2021年6月1日をもってリニューアルいたしました。

新しいURLは以下になります。

https://www.hdtopography.org/

なお、こちらのBloggerによる記事投稿も引き続き行います。

今後ともよろしくお願いいたします。




2021/05/01

Sensors特集号 "Multi-Sensor Techniques for Topographic Mapping" 完了

 MDPI(Multidisciplinary Digital Publishing Institute)の発行する学術誌Sensorsにおいて、センシング技術と地形計測に関する特集号「地形計測のための複合的センシング技術」が刊行されました。

Special Issue "Multi-Sensor Techniques for Topographic Mapping"
Guest Editors: Yuichi S. Hayakawa, Hitoshi Saito, Kotaro Iizuka
https://www.mdpi.com/journal/sensors/special_issues/topographic_mapping

(募集時の記事はこちら:https://hdtopography.blogspot.com/2019/10/sensors-special-issue.html )

当初予定よりも時間がかかってしまいましたが、最終的に7篇の論文が採録されています。

オープンアクセスジャーナルなので、すべて無料で閲覧できます。

  • Sun, X. et al. (2021) Small All-Range Lidar for Asteroid and Comet Core Missions. Sensors, 21 (9), 3081. https://doi.org/10.3390/s21093081
  • Cooper, H. et al. (2021) Evaluating the Ability of Multi-Sensor Techniques to Capture Topographic Complexity. Sensors, 21 (6), 2105. https://doi.org/10.3390/s21062105
  • Balazs, M. et al. (2021) Quantifying Debris Flood Deposits in an Alaskan Fjord Using Multitemporal Digital Elevation Models. Sensors, 21 (6), 1966. https://doi.org/10.3390/s21061966
  • Bettiol, G.M. et al. (2021) Conformity of the NASADEM_HGT and ALOS AW3D30 DEM with the Altitude from the Brazilian Geodetic Reference Stations: A Case Study from Brazilian Cerrado. Sensors, 21 (9), 2935. https://doi.org/10.3390/s21092935
  • Mohammadi, A. et al. (2020) A Multi-Sensor Comparative Analysis on the Suitability of Generated DEM from Sentinel-1 SAR Interferometry Using Statistical and Hydrological Models. Sensors, 20 (24), 7214. https://doi.org/10.3390/s20247214
  • Obanawa, H. et al. (2020) Portable LiDAR-Based Method for Improvement of Grass Height Measurement Accuracy: Comparison with SfM Methods. Sensors, 20 (17), 4809. https://doi.org/10.3390/s20174809 
  • Hayakawa, Y.S. and Obanawa, H. (2020) Volumetric Change Detection in Bedrock Coastal Cliffs Using Terrestrial Laser Scanning and UAS-Based SfM. Sensors, 20 (12), 3403. https://doi.org/10.3390/s20123403