• 測り、分析する。

    cutting-edge applications of terrestrial laser scanning and sfm-mvs photogrammetry for various kinds of landforms.

    about
  • 素材と道具

    analysis of high-definition topographic data using geospatial technologies – GIS spatial analysis tools and applications.

    tools
  • 研究課題

    various projects using high-definition topography data.

    projects

2019/01/12

JpGU 2019 session "HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE" / 日本地球惑星科学連合2019年大会国際セッション「人新世における高精細地形・地球物理データ解析」発表募集

5月に幕張で行われる日本地球惑星科学連合JpGU 2019,アブストラクト投稿が始まりました。本年も,高精細地形地物情報に関するセッションを開催します。開催日はJpGU期間中の月曜日午後(2019/5/27 PM2)となりました。地球人間圏科学(H)を母体とした,領域外・複数領域(M)セクションからの開催となります。今年は人間活動との相関にも着目し,「人新世(the Anthropocene)」における高精細データの利活用を探ります。高精細地形・地物情報のテクニカルな面から応用的な面まで,幅広いテーマでの研究発表をお待ちしています。

Here is the call for abstracts for our session M-TT47 HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE at the next JpGU meeting in May 2019 (on Monday afternoon). The abstract submission is now open, ending on February 19. Here we emphasize "the Anthropocene" as the session theme. Your cutting-edge research reports are welcome regarding the applications of high-definition topographic and geophysical data, focusing on, but not limited to, the human-nature interactions. Reports on cutting-edge measurement applications are also welcome. Our session is based on Human Geosciences (H) section and will be provided in Multidisciplinary and Interdisciplinary (M) section.



M-TT47
HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE

session details: http://www.jpgu.org/meeting_2019/SessionList_jp/detail/M-TT47.html
planned on May 27 (Mon) afternoon (PM2)

session description:
Recent technical developments of high-definition topographic and geophysical data acquisition have enabled us to further investigate geoscientific issues including land surface processes, subsurface structures, submarine and aerial environments, geo-ecological interactions, and disaster mitigation. Such high-definition or high-resolution data are particularly useful for studies in short-term temporal scales, and future predictions such as numerical modelings. In this session, we expect submissions on topics challenging such issues in the Anthropocene, the most recent geological era of the Earth. A range of topics would fit the session framework, including theoretical work, improvements in data acquisition, extensive data preservation and archiving, pre- and post-processing, statistical analysis, modeling, and simulation for geoscientific research and geohazard assessments in the Anthropocene. The methodological approaches may include, but not limited to, laser scanning, SfM-MVS photogrammetry, GNSS precise positioning, SAR interferometry, multi-beam sonar, and electromagnetic sensors, based on terrestrial (fixed or mobile) and aerial (UAV or manned airborne) platforms.

conveners:
Yuichi S. Hayakawa (Environmental Earth Science, Hokkaido University)
Shigekazu Kusumoto (Graduate School of Science and Engineering for Research, University of Toyama)
Christopher Gomez (Faculty of Maritime Sciences, Kobe University)

Abstract submission deadline: February 19 (Tue), 2019 (17:00 JST)
[ early-bird submission deadline with discount rates: February 4 (Mon), 2019 (23:59 JST) ]

submit your abstract at http://www.jpgu.org/meeting_e2019/

2018/12/25

PEPS特集号(SPEPS)「高精細地形地物情報の地球科学的応用」完成


Graphical Abstract image

▶︎以前の記事は【こちら

JpGUの学術誌『Progress in Earth and Planetary Science(PEPS)』で我々による編集が進んでいた特集号「High-definition topographic and geophysical data in geosciences」(高精細地形地物情報の地球科学的応用)が,完成しました。

"High-definition topographic and geophysical data in geosciences"
Associate Editors
Yuichi S. Hayakawa (Hokkaido University)
Thad A. Wasklewicz (East Carolina University)
Hiroyuki Obanawa (National Agriculture and Food Research Organization)
Shigekazu Kusumoto (University of Toyama)
http://progearthplanetsci.org/speps_j/004.html

下記は、本特集号で出版された論文の一覧です(出版年月の新しい順)。7本の学術論文と、前書き(Preface)で構成されます。

  • Hayakawa YS, Wasklewicz TA, Obanawa H, Kusumoto S (2018) Preface to the special issue “High-definition topographic and geophysical data in geosciences”. Progress in Earth and Planetary Science 5:88.
    doi:10.1186/s40645-018-0246-x
  • Gomez C, Purdie H (2018) Point cloud technology and 2D computational flow dynamic modeling for rapid hazards and disaster risk appraisal on Yellow Creek fan, Southern Alps of New Zealand. Progress in Earth and Planetary Science 5:50.
    doi:10.1186/s40645-018-0208-3
  • Obanawa H, Hayakawa YS (2018) Variations in volumetric erosion rates of bedrock cliffs on a small inaccessible coastal island determined using measurements by an unmanned aerial vehicle with structure-from-motion and terrestrial laser scanning. Progress in Earth and Planetary Science 5:33.
    doi:10.1186/s40645-018-0191-8
  • Saito H, Uchiyama S, Hayakawa YS, Obanawa H (2018) Landslides triggered by an earthquake and heavy rainfalls at Aso volcano, Japan, detected by UAS and SfM-MVS photogrammetry. Progress in Earth and Planetary Science 5:15.
    doi:10.1186/s40645-018-0169-6
  • Wasklewicz T, Zhu Z, Gares P (2017) Simulating and quantifying legacy topographic data uncertainty: an initial step to advancing topographic change analyses. Progress in Earth and Planetary Science 4:32.
    doi:10.1186/s40645-017-0144-7
  • Yamasaki S, Tabusa T, Iwasaki S, Hiramatsu M (2017) Acoustic water bottom investigation with a remotely operated watercraft survey system. Progress in Earth and Planetary Science 4:25.
    doi:10.1186/s40645-017-0140-y
  • Kusumoto S (2017) Eigenvector of gravity gradient tensor for estimating fault dips considering fault type. Progress in Earth and Planetary Science 4:15.
    doi:10.1186/s40645-017-0130-0
  • Hayakawa YS, Kusumoto S, Matta N (2017) Seismic and inter-seismic ground surface deformations of the Murono mud volcano (central Japan): a laser scanning approach. Progress in Earth and Planetary Science 4:3.
    doi:10.1186/s40645-016-0116-3
どの論文も、高精細地形・地物情報に関する最先端の手法・分析を適用し、革新的な地球科学の研究成果を提示しているものとなります。
論文を執筆いただいた著者の皆様はもちろんのこと、査読に携わった全ての研究者、および特集号としての編集に尽力していただいたPEPS編集委員会、JpGU事務局、Springer社の関係皆様方のお陰で、本特集号を出版できたことに、改めて感謝申し上げます。

2018/12/19

開催報告:横浜市立千秀小学校 小大連携授業

2018年12月18日(火)に横浜市立千秀小学校にて出張授業を行いました。その様子を一部報告いたします。
本企画は、田谷の洞窟保存実行委員会のプロジェクトの一環として、第6学年の総合的な学習の時間で行われたものです。小学生たちは田谷の洞窟を中心とした地域学習を1年間継続して行っており、その集大成として3学期に田谷の洞窟の大型地形模型を製作します。

この授業は、その導入として、

  • 自分たちの住んでいる地域の地形・地質にはどんな特徴がある?
  • 地形・地理情報を手に入れるためにはどんな手段がある?
という2つのテーマで授業を行いました。
地形・地質概要は小口千明先生(埼玉大学)が担当し、写真測量の手法や環境調査の事例については早川が担当しました。

昨年度の卒業生が製作したこの地域の大型地形模型も活用し、写真測量の原理について学びました。

地上レーザ測量の成果を出力した田谷の洞窟3Dプリントモデルも大活躍。
「"手乗り"田谷の洞窟」かなり細かく再現されています。

地域の地形・地質概要については、小口先生が担当されました。
地理院地図を用いて、地形・地質の見方を養いました。

児童たちは作成した田谷の洞窟の大型地形模型を、卒業式でお披露目する予定です。完成するのが非常に楽しみですね!

―――――――――――――――――――――――――――――

●昨年の報告会の様子(過去のブログ記事)
田谷の里山・地形模型完成披露会

●関連する学会発表
・小倉拓郎・早川裕弌・中田康隆・田村裕彦・小口千明・清水きさら・山内啓之・小口 高.里山景観に関する地理的想像の促進:高精細地表情報と3D地形模型を用いた試み.JpGU2018.
・Ogura,T., Hayakawa,Y.S., Yamauchi,H., Oguchi,T., Tamura,Y., Oguchi, C.T., Aoki,T., Hayashi,K., Use of high-frequency, high-definition topographic 3D data to develop geographic thinking of students. AGU2018.

2018/12/09

中国・華僑大学での招待講演 / invited talks at Huaqiao University, China

中国の泉州と厦門にある華僑大学で、高精細地形情報と景観に関した講演会が行われました。本プロジェクトの早川が講師に招かれ、観光学部、工学部、公共政策学部、建築学部のそれぞれで話題提供をし、双方に関連する課題や共同研究について意見交換を進めて来ました。

There were seminars on high-definition topography data and landscapes at Huaqiao University, located at Quanzhou and Xiamen in China. The project leader Hayakawa was invited to provide lectures at colleges of tourism, engineering, political science and public administration, and architecture, and discussed related issues and potential collaborations.

公共政策学部での告知掲示
poster of the seminar at public policy department

公共政策学部の会場
venue at the public policy school

観光学部の会場
venue at the tourism school

工学部の会場
venue at the engineering school

建築学部の会場
venue at the architecture school

動植物とも共生するオープンな研究室で、講演中に紛れ込んできた、ちっちゃな黒ウサギ
a tiny black rabbit came to the seminar in the open laboratory with plants and animals

2018/11/28

EGU 2019 session "NH6.4/G6.5/GI3.22/GM2.14 Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) and geosciences: innovation in methodologies, sensors and activities" / 欧州地球科学連合2019セッション「無人航空機と地球科学」発表募集

our RPAS session (PICO style) in EGU2018

恒例のEGU(欧州地球科学連合)での無人航空機セッションですが、従来の「自然災害」へのフォーカスから、2019年はより広い範囲へと対象を拡大します。前年はPICOセッションでしたが、多くの方が観覧され、席が足りないほどでした。2019年は通常の口頭&ポスターセッションになります。欧州に限らず、日本を含む東アジアにお住まいの、またその他の地域の皆様からも、多くの発表をお待ちしております。


Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) and geosciences: innovation in methodologies, sensors and activities (co-organized) 

Session NH6.4/G6.5/GI3.22/GM2.14 at EGU 2019 (Wien, 7-12 April 2019)

A full description of the session can be found at: https://meetingorganizer.copernicus.org/EGU2019/session/32576

Deadline for submission of Abstracts: 10 January 2019 at 13:00 CET

For info on how to submit an Abstract: https://egu2019.eu/abstracts_and_programme/how_to_submit_an_abstract.html 

We hope to see you in Vienna!

Daniele Giordan, Marc Adams, Yuichi Hayakawa, Francesco Nex, Fabio Remondino




2018/11/25

NHESS特集号「自然災害のモニタリングと防災のための無人航空機(ドローン)の活用」完成

▶︎ Call for papers は 【こちら

EGU(欧州地球科学連合)の発行する学術誌NHESS(Nat. Hazards Earth Syst. Sci.)において進められていた,無人航空機(ドローン)と災害に関する特集号の編集が完了しました。イタリア,オランダ,日本からの研究者が共同して組んだ特集号です。

"The use of remotely piloted aircraft systems (RPAS) in monitoring applications and management of natural hazards"
Editor(s): D. Giordan, Y. S. Hayakawa, F. Nex, and P. Tarolli
【 https://www.nat-hazards-earth-syst-sci.net/special_issue859.html 】

UAV,UAS,RPA,RPAS,Drone などと呼称はさまざまですが,無人航空機はもはや「一家に一台」から「ひとり一台」というほどに,地球科学の分野でも普及してきました。
なかでも特に自然災害に関しては,小型無人航空機がさまざまな場面で有益なツールとなります。

本特集号には,小規模な崩壊から大規模崩壊までの斜面災害を軸に,地震,洪水,また災害時の緊急警報や救助活動への活用といったさまざまなトピックの論文が,16本も集まりました。本特集号からは,無人航空機と自然災害にかかる最新の知見を得ることができます。特集号の詳細については下記Preface をご参照ください。

Preface: The use of remotely piloted aircraft systems (RPAS) in monitoring applications and management of natural hazards Daniele Giordan, Yuichi S. Hayakawa, Francesco Nex, and Paolo Tarolli Nat. Hazards Earth Syst. Sci., 18, 3085-3087, https://doi.org/10.5194/nhess-18-3085-2018, 2018

また,特集号に掲載された論文のうちいくつかを,下記,地形学・地理学研究グループで紹介しています。あわせてご覧ください。

新着論文:自然災害にかかわる無人航空機利活用の総説論文
https://oguchaylab.blogspot.com/2018/04/nhess.html
新着論文:トルコ中部、エルジエス火山の山体崩壊
https://oguchaylab.blogspot.com/2018/02/hayakawaetalerciyesnhess.html
機材の進化とともに,こうしたトピックは発展性が高く,今後もますます多くの論文が発表されてくることと思います。

2018/11/09

新着論文:雪崩災害調査とUAV-SfM

雪崩災害とUAV,SfMに関する論文が出版されました。
本文も下記URLからPDFでご覧いただけます。

内山 庄一郎・鈴木 比奈子・上石 勲・中村 一樹 (2018) 雪崩災害調査へのUAV-SFMの適用: 2017年那須町雪崩災害の事例. 自然災害科学, 37, 119-135.
https://www.jsnds.org/ssk/ssk_37_s.html