• 測り、分析する。

    cutting-edge applications of terrestrial laser scanning and sfm-mvs photogrammetry for various kinds of landforms.

    about
  • 素材と道具

    analysis of high-definition topographic data using geospatial technologies – GIS spatial analysis tools and applications.

    tools
  • 研究課題

    various projects using high-definition topography data.

    projects

2021/02/13

開催告知:IAG Webinar East & Southeast Asia "International Geomorphology Week 2021"

 本プロジェクトの早川が、3/6(土)15:00~18:20に開催されるIAG Webinar East & Southeast Asia "International Geomorphology Week 2021"にて講演いたします。

 Hayakawa, Y.S. (2020.03)Applications of terrestrial laser scanning and structure-from-motion photogrammetry for geomorphological change detections and recognition.

 IAG(国際地形学会)では、3月の第1週を"Geomorphology Week"と定義し、今年は地域別のウェビナーを実施することになりました。日本、台湾、シンガポール、フィリピン、インドネシアの5名の研究者が発表を行います。早川の講演は17:40~18:20の予定です。
 会議の詳細や参加登録方法については、以下のリンクからご覧ください。

 IAG ホームページ:http://www.geomorph.org/international-geomorphology-week-2021/
 参加登録:https://www.eventbrite.co.uk/e/iag-webinar-east-and-south-east-asia-registration-140850538753




2021/02/12

受賞:優秀研究動画賞・防災科研令和2年度成果発表会

 本プロジェクトの内山さんが、防災科学技術研究所令和2年度成果発表会にて、ベスト3にあたる優秀研究動画賞を受賞しました。防災科研では、今年度の成果発表会をオンラインで開催し、研究者一人ひとりによる動画での成果研究の発表を行いました。その中で、動画に対する「高評価」を多数いただき、受賞に至りました。




成果発表会動画


研究紹介
内山庄一郎:ドローン災害対応システムGEORIS(ジオリス)の紹介







2021/02/04

新着書籍:あいまいな時空間情報の分析

 本プロジェクトの早川が、浅見泰司・薄井宏行 編著『あいまいな時空間情報の分析』を分担執筆しました。

 小口 高・早川裕弌・山内啓之(2020.12)第8章 三次元地形情報の発展とあいまいさを考慮した有効活用.浅見泰司・薄井宏行 編著『あいまいな時空間情報の分析』pp.125-139.

 本書は、2016~2020年度に行った科研費基盤A「時空間情報の次世代分析ツールボックスの開発と応用」(代表:浅見泰司)において、研究やツール開発の成果をまとめたものです。
 早川らが執筆を担当した第8章では、「三次元地形情報の歴史」「三次元地形情報に関する最近の技法」「三次元地形情報のあいまいさと、それを考慮した活用にむけて」の3節で構成されており,数値標高モデル(DEM)の歴史、地上レーザやUAV-SfM測量、データ解析、3Dプリントによる地形表現についての解説やデータ処理の際の「あいまいさ」の処理などについて紹介しております。
 
 本書の情報は以下のリンクをご覧ください。
 古今書院ホームページ:http://www.kokon.co.jp/book/b545188.html





2021/02/02

新着論文:PPKを用いたUAV-SfM測量の精度向上にむけた検証

 Taylor & Francisの雑誌「Geocarto International」に、本プロジェクトの小倉が連名の論文が掲載されました。

 Iizuka, K., Ogura, T., Akiyama, Y., Yamauchi, H., Hashimoto, T., Yamada, Y.(2021.02)Improving the 3D Model Accuracy with a Post-Processing Kinematic (PPK) method for UAS surveys, Geocarto International, doi:10.1080/10106049.2021.1882004

 UAVに低価格GNSSを装着し、撮影した画像のジオタグの位置精度をPPK解析で向上させることで、GCP(Ground Control Point:地上基準点)を設置しない状態でもSfM測量の精度を上げることができるかどうか、検証したものです。





2021/01/25

JpGU 2021 session "GEOSCIENTIFIC APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE" / 日本地球惑星科学連合・米国地球物理学連合2021年大会国際セッション「人新世における高精細地形・地球物理データの活用」発表募集

2021年の日本地球惑星科学連合JpGUは、オンライン(6/3〜6)およびオンサイト(5/30〜6/1)での開催が予定されています。基本はオンラインでのセッション開催となりますが、現地でのポスター発表の選択肢もあります(投稿時に要意思表明)。アブストラクト投稿はすでに始まっておりますが、本年も、高精細地形地物情報に関するセッションを開催します。口頭発表はJpGU期間中の金曜日午後(2021/6/4 PM2)、ポスター発表も同日午後(PM3)となります。地球人間圏科学(H)を母体とした、領域外・複数領域(M)セクションからの開催となります。人間活動との相関にも着目し、「人新世(the Anthropocene)」における高精細データの利活用を探ります。高精細地形・地物情報のテクニカルな面から応用的な面まで、幅広いテーマでの研究発表をお待ちしています。

http://www.jpgu.org/meeting_j2021/joint_session.php#MTT41


Here is the call for abstracts for our session M-TT41 GEOSCIENTIFIC APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE at the next JpGU Meeting in June 2021 (both oral and posters will be on Friday afternoon). The meeting will be held online (June 3-6) and on-site (May 30-June 1). Basically, the sessions will be held online, but there is an option to present a poster on-site (declaration of intention required at the time of submission). The abstract submission is now open, ending on February 18. Here we emphasize "the Anthropocene" as the session theme. Your cutting-edge research presentations are welcome regarding the applications of high-definition topographic and geophysical data, focusing on, but not limited to, the human-nature interactions. Reports on cutting-edge measurement applications are also welcome. Our session is based on Human Geosciences (H) section and will be provided in Multidisciplinary and Interdisciplinary (M) section.



M-TT41
GEOSCIENTIFIC APPLICATIONS OF HIGH-DEFINITION TOPOGRAPHY AND GEOPHYSICAL DATA IN THE ANTHROPOCENE

session details: http://www.jpgu.org/meeting_e2021/sessionlist_en/detail/M-TT41.html
planned on June 4 (Fri) afternoon (Oral: PM2 / Poster: PM3)

session description:
Recent technical developments have enabled us to acquire high-definition topographic and geophysical data for geoscientific research, including land surface processes, subsurface structures, submarine and aerial environments, and geo-ecological interactions. Such high-definition or high-resolution data are particularly useful for studies on relatively short-term, i.e., decadal to millennial time scales, and for future predictions using numerical modelings. In this session, we expect submissions on topics challenging the issues in the Anthropocene, the most recent geological era of the Earth considerably affected by human activities. A range of topics would fit the session framework, such as theoretical works, improvements in the data acquisition, extensive data preservation and archiving, pre- and post-processing, statistical analysis, physical modeling, and numerical simulation for any kind of geoscientific research in the Anthropocene. The methodological approaches may include, but not limited to, laser scanning, SfM-MVS photogrammetry, GNSS precise positioning, SAR interferometry, multi-beam sonar, ground-penetrating radar, geomagnetic and electromagnetic sensors, and multispectral or hyperspectral sensors, based on terrestrial (fixed or mobile) and aerial (UAV or manned airborne) platforms.

conveners:
Yuichi S. Hayakawa (Faculty of Environmental Earth Science, Hokkaido University)
Shigekazu Kusumoto (Institute for Geothermal Sciences, Graduate School of Science, Kyoto University)
Christopher Gomez (Faculty of Maritime Sciences, Kobe University)

Abstract submission deadline: February 18 (Thu), 2021 (17:00 JST)
[ early-bird submission deadline with discount rates: February 4 (Thu), 2021 (23:59 JST) ]

submit your abstract at http://www.jpgu.org/meeting_e2021/